子役になるには何から始めればいい?

子役を志す親子の為のベーシックインフォメーションサイト

子役になる?子役にする?

日本における子役の定義に着目すると共に、同じく日本で求められる子役の役割について追究することで、子役に対する一般的な認識をまとめ、子役を目指す子供や子供を子役にしたい保護者を主な対象として、子役に対する基本的な理解を深めるための足掛かりとすることを目的としたページです。

基本的な子役に対する理解を深める

子役は一朝一夕でなれる職業ではありませんし、子供が子役に興味を抱いたからといっても、子供だけで子役になることもできなければ、子供だけで子役としての仕事を果たすこともできません。

多くの場合、子供を子役にしたい、子供を将来俳優にしたいといった願望の元、保護者は子供が子役になるためのレールを敷きますが、子供が必ずしもそのレールを進むとは限りませんし、子供に子役としての適性や才覚があるとは限らないこともまた自明です。

反対に、子供が子役に興味をもたった場合であっても、やはり子役としての適性や才覚が保証されるわけではありません。

子供を子役にしたいのであれば、子役ないし俳優の根っこである、演技に関心を持たせることが肝要となり、子供が子役になりたいといったなら、予算はもちろん、子供が子役になるためのサポートや子供が子役として活動するためのサポートが必須でしょう。

子役は性質上、子供らしさと演技力の自然な調和を求められるため、もの心がついてしまってからの準備では遅きに失するわけですが、子供に自主性が備わるのはもの心がついてからである上に、子供が自主的に子役を演じたいと思えなければ、子役としての成長は難しいという二律背反のジレンマが想定されます。

子供を子役にするにしろ、子供が子役になるにしろ、子供の自主性の尊重と保護者のサポートが欠かせないということだけは、子役になった子供をサポートするために必ず心に留めておくべきなのです。

役立つ技能と必要な資質

子役になる上で最低限必要となる資質として、子供らしさと演技力を提示しつつ、子役ひいては俳優業を継続する上で、有効であろう知識やの技術の具体例として、社会人としての基礎的マナーと自己表現力の有用性を述べ、子役を継続し大成するための初歩的な情報をまとめました。

プロ子役とアマ子役の相違

俳優としての子役を追求し、自然な子供らしさと演技力のハイレベルな両立を目指すプロフェッショナル子役と、演技よりも自然な子供らしさに重点を置き、俳優としての子役よりも子供としての子役をナチュラルに演じることが可能なアマチュア子役を比較し、両者の特徴や役割の相違に関して私見を述べています。


PAGE
TOP