子役を志す親子の為のベーシックインフォメーションサイト

この記事をシェアする

役立つ技能と必要な資質

最低限必要な子役としての資質

子役に要求される資質として最も優先度の高いものが、子供らしさなのですが、この子供らしさを備えていない又は失ってしまった子役は、俳優としての演技力がどんなに優れていても、仕事の幅が一気に狭まるため、子役としての資質が高いとは言えません。

つまり、一定の演技力を備え、なおかつ子供らしさを保持できていることこそが子役としての資質であり、子役として活動していくために不可欠なファクターであることが窺えます。

ただ、子供らしさは演技力の向上以外に、情緒や身体の成長にともなって失われるものでもあることから、子役が子役としての需要のみで活動できる期間は、ごく限られているため、子供らしさと演技力は子役の年齢や状況に応じて、随時バランスを確認しておく必要があるのです。

身に着けておくと役立つ技術

俳優としての能力の試金石である演技力や、子役としての需要の根幹に根差す子供らしさといったもの以外にも、子役や子役から俳優になるために役立つ技術や知識は存在します。

まずは、スタンダートな挨拶や立っている時や座っている時の姿勢など、極々一般的な社会人として最低限のマナーに関する知識、次いで、表情や身振り手振りを用いたカメラの前での視覚的な自己表現技術や歌唱力やトーク力などによる聴覚的な自己表現技術といったようなものが挙げられるでしょう。

子役として俳優業に携わる以上、最低限のマナーと自己表現力は間違いなく役に立ちますし、子役を廃業したとしても、マナーや自己表現力は、進学や就職の際の面接等にも役立てることが可能です。



PAGE
TOP