子役を志す親子の為のベーシックインフォメーションサイト

この記事をシェアする

プロ子役とアマ子役の相違

プロフェッショナル子役とアマチュア子役

子役は子供らしさのプロフェッショナルであり、子役に要求されるものは子供らしさであるのですが、子役として演じる子供らしさが極まってしまうと、今度はあざといと感じられてしまいます。

特に、幼いころの記憶が比較的新しい若年層や、人生経験が浅く精神構造が子供に近い人物ほど、このあざとさを不快に感じやすい傾向にあり、子役としての本分を果たしているにもかかわらず、プロの子役は嫌われてしまうことが間々あるのです。

一方で、プロ子役のように子役としての本分を追及してはいないアマチュア子役の場合、演技力ではプロ子役に引けを取りながらも、経験の浅さがプラスに働き、自然な子供らしさを発揮しやすく、あざとさを感じにくいためか好感度も高めになります。

プロにアマはできずアマにプロはできない

プロ子役とアマ子役は同じ子役でありながらも、視聴者に与える印象や子役としての能力の違いから、それぞれに異なる需要を持つため、子役としての能力を高める努力を重ねたプロ子役が、全ての状況で子役として有利になる訳ではないのです。

例えば、メッセージ性の低いCMを撮影する場合、より子供らしさを感じやすいアマ子役を選ぶ監督やプロデューサーは少なからず存在しますし、逆に、メッセージ性の強いCMを撮影する場合は、演技力と子供らしさを兼ね備えたプロ子役の方が採用されやすいでしょう。

ただし何事にも例外はつきもので、子役に子供らしさのみを求める監督がいれば、子役に俳優としての働きを期待する監督もいるなど、子役需要は必ずしも一定ではありません。



PAGE
TOP